Ubuntu で freeglut を使う | Trellis Blog

環境は Ubuntu 18.04.3 LTS x86_64 です.

1 必要なパッケージを入れる

$ sudo apt install freeglut3-dev

2 試す

なんか適当に

#include <stdlib.h>
#include <GL/glut.h>
#include <GL/gl.h>
#include <GL/glu.h>

static void display(void)
{
    glClear(GL_COLOR_BUFFER_BIT);
    glFlush();
}

int main(int argc, char **argv)
{
    glutInit(&argc, argv);
    glutInitWindowSize(256,256);
    glutCreateWindow("Hello");
    glClearColor(1, 0, 0, 1);
    glutDisplayFunc(display);
    glutMainLoop();
    return 0;
}

256x256 のウィンドウを赤く塗りつぶすだけです.

で,コンパイル

$ gcc main.c -lglut -lGLU -lGL -lm

できました.

3 適当に Makefile にしておく

ライブラリが多くて毎回指定するのは面倒なので, Makefile 必須っぽいです.

LDFLAGS = -lglut -lGLU -GL -lm

.PHONY: all
all: main.o
        $(CC) main.o $(LDFLAGS)

4 Man よこせ

$ sudo apt install opengl-4-man-doc

で入るみたいです.でも見た感じ, gl で始まる関数しかないっぽい. まあパッケージ名から想像がつくけど.

glut とか glu とかの man の入手の仕方を教えてください.

5 さいごに

Windows でやる方がめんどくさいな,という印象ですね.まあ NuGet を使えば一発で入ることは入るんですが. でもあれはプロジェクトごとになるのであまり好きではない.

Last Update: 2019/08/23

Recent Posts

C言語使っていると「すげえ」ってなるC++の機能
C++標準ライブラリのマニュアルページをインストール
Surface GoにUbuntuをインストール