C++標準ライブラリのマニュアルページをインストール | Trellis Blog

Ubuntu (をはじめ多くの GNU/Linux ディストリビューション) では C 言語のマニュアルページは最初から標準で入っていますが、 C++ のマニュアルページは入っていません (C++ にはマニュアルページを見る文化がないのだろうか…)。 という訳で、自分でインストールする必要があります。

$ sudo apt install libstdc++-8-doc

で、見るときは、

$ man std::vector

みたいな感じで std:: までつけないといけないみたいです。

Last Update: 2019/08/28

Recent Posts

gsettings で変更したい設定メモ
Android の Factory Image を Linux でマウントする
C言語使っていると「すげえ」ってなるC++の機能